兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち合わせ ~可愛い部下の、初出張 幕間~

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

連載中の『上司と部下シリーズ』。夕鈴のピンチに、「早く続きを。」「課長、助けてあげて!」とのコメントを沢山頂いております。

ご希望に応え、続きを…と思いましたが、どうしても登場させたい原作キャラがいたので、~幕間~として一話書きました。

夕鈴をホテルに残して、課長が会いに行った人物は…彼でした!



待ち合わせ ~可愛い部下の、初出張 幕間~


夕鈴と別れ、急遽会う事となった部下との待ち合わせに向かう。
その部下が指定したのは、地下にある薄暗いバー。

ヤツは各会社の動向を探り全国を飛び回っている。
ここで黎翔が彼と会う事を、誰にも知られてはいけない。

重い木の扉を押すと、カランとドアベルが鳴った。
薄暗い店内に足を踏み入れ視線を凝らす。
――部下はもう来ていた。
奥の目立たない席から、そっと片手を上げて合図を送ってくる。

「――久し振りだな?」

部下の向かいに座り、黎翔は声を掛けた。

「お久し振りです、し…おっと、珀課長。」

口を滑らしかけた部下を睨むと、ヤツは慌てて言い直した。

――にこやかな顔で笑う男の名は、徐 克右。

軽そうに見えるが仕事は出来る男で、黎翔にとって数少ない信頼出来る部下だ。

「…克右、時間が惜しい。早速報告を聞かせてもらおうか。」

久し振りに会う部下から報告を受ける事、一時間。
黎翔は溜息を吐き、ソファの背凭れに身体を預ける。

どこの会社も、裏では色々あくどい事をやっているものだ。
克右が調べた会社の中には、昼間商談を済ませた王手会社も含まれていて、やっぱりかと気が重くなった。

彼女が頑張って纏めた今回の商談が、無駄にならなければ良いが…。

黎翔はホテルの前で別れた部下の事を思い出す。
言い付けを守り、食事はきちんととっただろうか…?

彼女の事を思い、少しぼんやりしていたらしい。
気が付くと、克右が呆けた表情でこちらを見ていた。

「…何だ?」

何か言いたい事でもあるのかと問うと、克右はハッとして苦笑いをした。

「いや~、浩大先輩に話を伺った時はまさかと思いましたけど、やっと課長にも春が来たんですね。」
「……一体、何の話だ?」

あいつは一体何を話したんだと、浩大の顔を思い浮かべ悪態を吐く。

「課長秘蔵の、可愛い部下の話ですよ?…今日は連れて来てくれるかと思って期待していたのですが、お会い出来なくて残念です。」

「…彼女は未成年だ。」

こんな場所に、連れてこれるか。

それにしても浩大は、一体どこまで話したのか。
口の軽い部下は、一度しめてやらないとな…。

黎翔の口元に、薄い笑みが浮かぶ。

「――ご苦労だった、引き続き頼むぞ。」
「はい。」

書類を抱え、黎翔は立ち上がる。

「もうお帰りになるのですか?久し振りに飲もうかと思っていたのですが…。」
「…いや、部下が待っているからな。」

ホテルにいる彼女が気になって仕方が無い。
今頃、何をしているだろうか。

「じゃあな。」

黎翔はそう言って、会計を済ますとバーを出て行った。


ドアの向こうに消える広い背中を見ていた克右は、水割りが入っているグラスを一気に煽る。
数ヶ月振りに会う上司は、かなり変わっていた。

誰をも威圧する紅い瞳は、幾分柔らかくなり。
時々笑みまで浮かべるようになった。

彼を変えたのは、営業一課の面々と、噂の可愛い部下。

『…好き過ぎて、可愛い部下に意地悪ばっかりしてるんだぜ?そのせいでその部下は嫌われていると思っていて、もう本末転倒だよな?』

お喋りが大好きな先輩がそう言った時、冗談だと思っていたのだが。
あんな顔を見せられては、事実だと納得するしかない。

「いつか会えるかなあ…。」

――汀 夕鈴。

上司の心を捕えて離さない女性に、一度でも良いから会ってみたいと克右は思う。

まさか僅か数十分後に、彼女に会う事になるなんて、このとき彼は思ってもいなかった。


END


克右さん、好きなキャラです♥
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.06/18 15:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

からあげ様

浩大とはわざわざ出張先で会わなくても、会社で会えますからね~。
浩大は口が軽いので、黎翔と夕鈴の事を色々お話しちゃったみたいです(笑)
プライバシーも何もないなあ…。
本編、頑張って書きますね!
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.06/18 15:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。