兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い部下の、初出張 11

続きです。

今回も短いです。
そして全く進んでいない…

相変らず、内容が無くて困ってます



可愛い部下の、初出張 11

目を覚ますと、部屋の中はすでに暗かった。入り口にある非常灯のお陰で、うっすらと視界が効いた。
この暗さからすると、すでに夕方を過ぎている。19時、いや20時くらいか。

熱は完全に下がったようで、意識もはっきりしてきた夕鈴は、身体を起こそうとしたが右手を引かれてベッドに戻されてしまった。
投げ出していた右手に感じる温もり。誰かの大きな手が、右手の甲に乗せられていた。
誰だろうと視線を移した夕鈴は、思わず悲鳴を上げそうになった口を左手で抑えた。

そこには、夕鈴の上司の珀課長がいた。
朝の明玉と同じように、ベッドに突っ伏して眠っている。
ずっとここにいて、看病してくれたのだろうか?
食事の時間になったら起こすと言っていた彼は、そのうちに眠ってしまった?

眠りに落ちる前、額に感じた優しい温もり。
あれは一体何だったんだろうと思いながら、夕鈴は左手で自分の額を押えた。

ベッドのシーツに顔を押し付けて眠っている黎翔を見詰める。
初めて見る、彼の寝顔。
少し切れ長のきつい瞳も今は閉じられていて、受ける印象がだいぶ違う。
無防備な彼の寝顔を、夕鈴は堪能する。

やっぱりカッコ良いな。
わあ、まつ毛長い…。

ふふっ…何だか子供みたい…。

頬を染め微笑みながら見ていると、入り口から「夕鈴、起きた?」と明玉の声が聞こえた。
同時に灯る、部屋の灯り。
夕鈴は眩しさに目を細める。

「…あら?」

部屋に入ってきた明玉は夕鈴を見て、にやり、と口元を緩め。

「お邪魔だったようね?出直すわ。」

くるりと踵を返す。

「?……っっ!!!」

一瞬意味が分からなかった夕鈴だったが、彼女の視線の先を辿り、重なり合った自分と課長の手を思い出し、

「ちが、…明玉、違うのよ!!」

思いっ切り弁解しながら課長の手を振り払ってしまった。

「…ん?…何だ、汀。起きたのか?」

半分寝ぼけ眼の黎翔は、よりにもよって明玉が見ている前で夕鈴の額に触れてきた。

「熱はもうないな…。?…何でそんなに顔を真っ赤にしているんだ?」

背を向けている彼は、背後にいる明玉に気付いていない。

「な…なんっ…!」

ニヤニヤしている明玉を見ながら、夕鈴はワタワタと慌てる。

「かちょ~?…美味しい所を見せて頂いて、ご馳走様です。」

声を掛けられ、初めて明玉がいた事に気付いた黎翔だったが、慌てふためく夕鈴に対し、彼は全く動じていない。黎翔にとっては夕鈴の熱を確認するためにした事であって、他に他意が無い。
明玉に見られても、気にもならないらしい。

「ああ、どうした。明玉。」

何もなかったように手を離した黎翔は、明玉に問うた。

「この時間になっても起きてこないんで、起こしに来たんです。もうすぐ20時(はちじ)ですよ?」
「もうそんな時間か…。」

う~んと、伸びをする。
夕鈴が眠りについた後、しばらくその寝顔を見ていた黎翔だったが、昨夜から一睡もしていない状態。
徹夜明けは思った以上に身体にキていたようで、そのうち眠くなった彼はそのままベッドに伏せて眠ってしまったのだ。

「汀、ずっと寝ていて汗掻いてるだろ。飯の前にシャワーでも浴びてすっきりしろ。…頬は出来るだけ触れるなよ?」

椅子から立ち上がった黎翔は、明玉に「頼んだぞ」と声を掛け、ベッドルームを出て行った。

ベッドに体を起こしたまま、まだ顔を真っ赤にしている夕鈴に、明玉が寄ってきた。

「課長、あれで結構疲れているのよ。添い寝した事については、許してあげな。」
「そ、添い寝って…。別に、…何とも思っていないし…。」

夕鈴はそっぽを向く。
添い寝と言っても同じ布団で寝ていたわけではないし、確かに手は触れていたけど、何かされたわけでもない。
『添い寝』と言われると、何か語弊があるような気がする。

「またまた~。課長の寝顔を見て、見惚れていたくせに。」

思い切りからかわれて、夕鈴はぷくっと頬を膨らませた。

(もう…!そんなんじゃないって、言ってるのに!!)

真っ赤な顔で反抗しても、全く効果が無いことに気付いていない夕鈴だった。


続く

関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

(´∀`*)ウフフ

可愛い(۶* 'ꆚ')۶
夕鈴可愛いよ~♡
隠してもバレバレだからね( ´艸`)

名玉の気持ちはわかるよ~ニヤニヤ(。-∀-)
  • posted by ぷーちゃん 
  • URL 
  • 2013.07/03 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

ぷーちゃん様

この景色を、近くで見てみたいものですよね~。
夕鈴は可愛いし、課長はカッコいいし、明玉は良い味出しているし(^^♪

ニヤニヤ(^^♪
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.07/04 03:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。