兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い部下の、初出張 13

相変らずの深夜更新。

ようやく終わりが見えてきました

後一話で終わる?…はず。

夕鈴達も、やっと帰る事が出来ました。

そして、今回も短いです



可愛い部下の、初出張 13


商談も無事契約が済み、本当ならすぐに戻れるはずだった。
けれどそれが出来なかったのは、夕鈴の頬の痣のせいだ。腫れは翌日には治まっていたが、赤黒い痣は場所が場所だけに目立ち過ぎた。明らかに誰かに殴られたという事が分かる痣。

黎翔と明玉はホテルに残り、夕鈴の様子を見ながらパソコンで仕事をしていた。
夕鈴は課長命令で無理矢理有給を取らされ、明玉が買ってきてくれた雑誌などを読んだりして過ごした。

様子を見て、二日。
痣は大分薄くなり、それほど目立たなくなった。
明玉曰く、化粧で上手く隠せる程度だという事だ。

荷物をまとめてホテルを出ると、浩大と克右が待っていた。二人は一足先に仕事に戻っていて、夕鈴達の迎えに来てくれたのだ。

夕鈴と明玉を先に車に乗せ、黎翔は克右と向き合う。

「色々迷惑かけて悪かったな。」

克右は驚きながらも「いえ。」と返す。
黎翔は立場の高い人間だ。社員をどう使おうが、それに対して文句を言うものはいない。
彼が謝る必要は何処にもない。

それなのに、黎翔は部下である自分に頭を下げたのだ。

「…あんな形でしたが、貴方の想い人に会う事が出来て良かったです。」

色々、珍しいものを見る事が出来た。
苦笑いした克右を見て、黎翔は片眉を上げ少し嫌そうな表情を見せた。でもそれは一瞬の事で、すぐに普段通りの表情に戻ると仕事の話を始めた。

「――まだ時期は分からないが、近いうちに本社に戻ってもらう事になるかも知れん。」
「…何かありましたか?」
「忙しくて、人手が足りん。…使えるものは使いたい。」
「分かりました。」

背を向けた黎翔に、克右は頭を下げた。その横に、傍観していた浩大が並び立つ。

「…先輩、彼女、凄い女性ですね。」

車の後部座席で、明玉と何やら笑いあっている夕鈴を見て克右は呟く。

「俺、あの時課長は本当に殺してしまうんじゃないかと思ったんです。」

数日前の夜、あのホテルで。
男を無遠慮に殴り続けた黎翔。

彼の拳は真っ赤に染まり、相手を殺すまで止まる事は無いように思われた。
自分の制止の言葉に全く耳を貸さなかった黎翔が、小さな彼女の声で動きを止めた。

「有言実行のあの方を止めるなんて、他の人間には出来ませんよ。」
「――それほど彼女は特別なんだよ。」

浩大は苦笑い。
夕鈴の事が好き過ぎて、素直になれずに苛めてしまう不器用な男。

「…本社に帰ってきた時には楽しみにしてろよ?毎日のように楽しい光景が拝めるぜ?」

ニヤリと浩大は笑うと、克右の肩を叩き歩き始めた。
彼が運転席に乗り込むと、後部座席の窓が開き、夕鈴が顔を覗かせる。

「克右さん、色々ありがとうございました!」

頭を下げている彼女に、助手席から黎翔が何か言っている。
憮然としてる彼の表情と、大爆笑している浩大の表情から察するに、「礼なんて言わなくていい。」と言っているのだろうか。
彼女も不貞腐れた顔で、黎翔に何か言い返していた。

動き始めた車に向かって、克右は片手を上げる。

本社勤めに戻ったら、浩大の言う通りきっと楽しい毎日が過ごせるのだろう。
笑みを浮かべて、克右は車体が見えなくなるまで見送った。


何度か休憩を取りながらの帰り道で、賑やかだった後部座席が急に静かになった。
黎翔が振り返ると、夕鈴と明玉は肩を寄せ合って眠っていた。

気持ち良さそうに眠っている夕鈴の姿を見て、黎翔の口元が緩む。
――と、隣からクックック…と笑い声が。

「――鼻の下のばしちゃって。」
「…うるさいな。」

からかってきた浩大に、思い切り悪態を吐く。
バックミラーで二人の寝顔を確認した浩大も、フッと笑顔になった。

「寝かせといてあげようぜ?…色々あったから、疲れてんだよ。」

明日からは通常の業務が彼女達を待っている。
もちろんそれは、黎翔と浩大の二人もだが。

「ああ、そうだな。」

夕鈴の安らかな寝顔を瞳に焼き付け、黎翔は一度目を閉じる。そして二人から視線を外すと、ジッと正面を見据えた。

浩大が運転する車は、渋滞に巻き込まれる事なく順調に進んでいく。
彼らの日常に向かって。

―― 明日から、またいつもの忙しい日々が始まる。


続く










関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

やっと・・・日常生活に戻れるんですね・・・。

長く辛い日々でしたね(´;ω;`)
これからは幸せな日々が待ってると思う。思いたい。
課長の態度次第?( ̄▽ ̄)

でも、二人の態度が変わらなかったらそれはそれで面白いかも?←(酷
  • posted by ぷーちゃん 
  • URL 
  • 2013.07/12 07:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

ぷーちゃん様

何もなかった、という事には出来ないので、依然と全く同じには戻れないかもしれません。
でも、支えられながら、夕鈴は前に進んで行ってくれると思います。

課長の態度?
フフフフフ…どうなるでしょうね(^^♪
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.07/14 01:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。