兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にじいろ

皆様に煽てられて、調子に乗って書いてしまいました。

原作沿いSSS『あかねいろ』『はいいろ』『あおいろ』続編です。

この話で、完結になります。

今回はちょっと長くなってしまいました

皆様に少しでも、楽しんで頂けますように。




綺麗な夕焼けを見て泣く事も。

世界がモノクロに見える事も。

―――きっともう、二度とない。





「…夕鈴。」

夕焼けが迫る時刻、洗濯籠を持って庭に向かっていた夕鈴は声を掛けられ、足を止めた。

幻聴かと思った。
耳に届いた声は、愛しいあの男性(ひと)のもの。

振り向いたら、悲しい現実が待っているようで。
期待して、振り向いて。
そこに誰もいなかったら、立ち直れなくなってしまう。

身体は、固まってしまったかのように動かなかった。
でも。

「夕鈴。」

もう一度名を呼ばれ振り返ると、そこには最後に別れた時より、少しだけ歳を取った貴方がいた。

「…陛下?」
「うん。」
「ホントに…?」
「うん、僕だよ?…でも、もう『陛下』ではないんだ。」
「…え?」

困惑している夕鈴を見て、黎翔は困ったように笑う。

長かった。
やっと、また。
君に会えた。

「王位を譲ってきた。…だからもう僕は、この国の王様じゃない。」

だから夕鈴。
今度こそこの手を。

「ずいぶん待たせてしまったが、あの日の約束はまだ有効だろうか?」

あの日、二人で見上げた空は、悲しいほど美しい茜色だった。
明るく染まる四阿で、最後に交わした二人の約束。

『国が安泰して、狼陛下が必要なくなったら…。』
『私達がまだ変わらず、互いを想い合っていたら。』
『――今度こそ、この手を。』

夕鈴の腕から、抱えていた籠が滑り落ちる。
縺れる足を必死に動かして、夕鈴は手を差し伸べる黎翔に向かって駆け出した。


優しい風が吹く。
李順は靡く髪を押え、青く輝く空を見上げる。

「…二人は会えた頃でしょうかね?」

継承式を終え、すぐに下町に向かって駆けて行った前王。

「新王は貴方と違いとても真面目なので、私の苦労も減る事でしょう。」

随分苦労させられた事を思い出し、李順は笑う。

同じ思いを抱きながら、道を違えた二人が。
今度こそ共に幸せになれる事を祈る。

――もうすぐ夕刻になり、この空は美しい茜色に染まるだろう。


「黎翔様っ!!」

胸に飛び込んできた愛しい娘を、黎翔はしっかりと受け止める。

「…遅くなってごめんね。」
「私、おばさんになっちゃいました。」
「…僕もおじさんになったでしょ?夕鈴はいくつになっても可愛いね。」
「へい…黎翔様はお年を召しても、凄くカッコいいです。」

ギュウギュウと抱き合って、お互いの顔を覗き込んで。
他の者が聞けば、惚気だと呆れるような言葉を。
笑いながら囁き合い、二人は離れていた長い時間を埋めていく。

沢山沢山、話したい事がある。
一杯一杯、聞きたい事もある。

これから命尽きるまで共にいる二人の、今日は最初の日。

手を取り合って屋内に向かう途中、ふと黎翔は足を止めて空を見上げた。

澄み渡った青空が、茜色に染まる時。
モノクロだった世界に、色が戻る。


ねえ、夕鈴

今日の空は、すごく綺麗だね。

眩しい程の煌めきを持った

光り輝く、

―――にじいろ。


END

これにて完結です。
読んで頂いて、ありがとうございました
 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ハッピーエンディング 

は、はっぴーえんでぃんぐでよかった(≧∇≦)
「私がおばさんになったら、あなたはおじさんよ…」なんて昔の曲を思い出しましたよw二人が一緒にいられるってだけで、私は幸せです(#^.^#)
  • posted by Norah 
  • URL 
  • 2013.09/08 07:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

はじめまして 

こんにちは!はじめまして。詩音と申します。

作品をいつも楽しく読ませていただいております。


このお話をはじめて読んだときは、切なくて涙がでそうでしたが、ハッピーエンドで良かったです!

いつまでも想いが変わらずにいるのは、難しいけど、この二人は信じていたいですね!!
  • posted by 詩音 
  • URL 
  • 2013.09/08 20:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ハッピーエンディング 

Norah様

時間はたってしまいましたが、二人が一緒に過ごせる日がやってきました。
慧ネンも、その曲の歌詞を思い出していました(^^♪
これからは、ずっと一緒だよ♪
それだけで、凄く幸せですよね(^^♪
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.09/10 02:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: はじめまして 

詩音様

初めまして。コメントありがとうござます。
お話読んで下さっているみたいで、とても嬉しいです。

切ない話も好きですが、やっぱり二人には幸せになって欲しいので、ハッピーエンドを目指しました(^^♪
ずっと同じ思いを抱えて生きていくのは確かに難しい事ですが、黎翔と夕鈴ならきっと大丈夫だと思います!
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.09/10 02:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ご無沙汰でした~。えへへ(^┰^;)ゞ

今頃のコメントで失礼します
夕鈴から読み始めたとき、もうキュン死にしそうで耐えられませんでしたよ~(;´Д`)
必ず幸せになると信じ手読みすすめてきたんですけど・・・
よかったよー。ハッピーエンドで!!
慧ネンさん!ありがとうー♡

  • posted by ぷーちゃん 
  • URL 
  • 2013.09/13 08:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

ぷーちゃん様

お越し下さり、ありがとうございます!
皆様の続編希望の声に、次々と連作が出来上がってしまいました(^^♪
慧ネンもハッピーエンドの方が好きなので、最少は切なく、でもラストは皆が幸せになれるように頑張りました♪
二人で見上げる空は、とても美しいですよ?
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.09/13 19:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。