兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋蓮華1ーこいれんげー』

ご無沙汰してます、慧ネンです
只今プチスランプ中でして、お話が書けない状態です。
萌えは十分ありますので、書けるようになったらちまちまアップします。しばらくお待ち下さいませ

今日は素敵な頂きものを、連続アップしちゃいます

白陽国SNS地区&ブログにていつもお世話になっている、慧ネンの大切なお友達『花の四阿』さくらぱん様より、とっても素敵なお話を頂いちゃいました

慧ネンが書いている『Creuzシリーズ』 ヴォーカリストRei、初のソロライブのお話です

実は、SNS100hitキリリクの時に頂いた候補の中に、「Reiのビーチサイドコンサート」と言うのがあったんですが、実際のライブを見た事が無い慧ネンにはとても書けなくて(想像力だけでは限界が…)
結局、頂いていた別のネタ(ツーリング)でリクを書かせて頂いたのですが、後日さくらぱん様よりメッセが届きました。

↓その時のやり取り S…さくらぱん様 E…慧ネン

S「無性に花火ネタが書きたくなったので、黎翔さんのアイドル設定使わせて下さい。」
E「うん、良いよ」(即OK)
S「ソロツアーとして、ビーチコンサートさせます。」
E「ひゃっほい♪」(心の声)

…という裏取引の後、届いたのがこのお話です

三次作品という事で、さくらぱん様のサイトでは芸名はRayになってますが、こちらに頂いたのはRei編です。
素敵なお話をお楽しみ下さい





恋蓮華1ーこいれんげー


午後21時を知らせるアラームが、鳴り響く。
恋人の訪れる時間を知らせるその音で私は、部屋の灯りを消した。

静かなホテルの一室に一人。

夕鈴は、ドキドキと高鳴る胸の鼓動を押さえて
少しでも気持ちを落ち着けるために、部屋の窓を開け放した。

見上げれば、美しい星空。

ホテルの最上階にある眺めの良い部屋だった。
海辺に面した部屋は、月を映した海が綺麗に望めた。

夕鈴一人では、広すぎるロイヤルスイート。

月明かりに照らされたその部屋は、静寂に満ちていて。
豪華すぎるしつらえに、彼女は少し気後れをしていた。

その部屋は恋人の黎翔さんが、夕鈴の為に用意してくれた最高級の部屋。

彼女は、そのまま景色を楽しむべく明るい窓辺に腰を下ろした。







浜辺には、騒がしい人々。

ホテルに併設された、人工のラグーンビーチ。
先ほどまで、そこではアーティストReiの野外ライブをやっていた。

特設のステージでは、静かに点滅する小さなオレンジ色のライト。
ライブの熱気の名残が眼下にあった。

ライブに集った人々なのか、
ホテル近くの浜辺には沢山の人々がいまだ残っていた。
彼らの楽しげな笑い声が潮騒とともに聞こえてくる。

潮風が、夕鈴の白いサマードレスだけのむき出しの肌を冷やす。

いまだに、Reiのコンサートに興奮醒めやらぬ
ほろ酔いの熱い肌には、
冷たくて心地良い潮風は火照りを鎮めるのに最適だった。
ふるり…と肩を震わせて、一人身体を抱き締めた。


はしばみ色の瞳が、部屋の時計を見た。

午後21時10分。
黎翔さんとの約束の時間は、午後21時15分。
……あと5分。


夕鈴は眼下の月明かりに照らされたReiの特設ライブ会場を見つめる。

彼女は、先程のライブの光景をまざまざ思い出していた。
Reiのライブ……恋人である黎翔さんの始めてのソロライブ。






………………

………………………………





アメジストの夕闇が迫る
人工のビーチに特設されたライブ会場。

コンサートを待ちわびるファンの人々の声が、カウントダウンを告げる。

 『「……3、2、1。 」』

唱和するカウントダウンの声。

 『「きゃああぁぁぁぁーー!!!!!!」』

ドドゥ・ドゥゥオォォォォーーーーーーン!!    

カウントダウン0と共に、始まったReiのソロライブ…

Reiファンの悲鳴のような嬌声を掻き消すような…
夕闇のアメジストの空に、始まりを告げる幾つもの赤い花火が、
バックステージから撃ち上がる。

夕闇を焦がすReiの瞳の色の花火。






女の子達の黄色い嬌声と花火の轟音と共に、パンチの利いた
かき鳴らされるベースギターのエレキ音とReiの甘い歌声。

《吐き気がするほど  嘘つきの僕を …… 》

《穢れない君は好きだと言ってくれた》

《君が傍にいない 切なく苦しい一人の夜は ……》  

《温かな君を思い描くだけで幸せになる》  

虹色の眩しいスポットライトを浴びて…愛しいReiが現れた。
再び、会場から女の子たちの悲鳴にも似たつんざくような黄色い嬌声!

ビーチサイドに併設された特設会場なので、殆どのファンの女の子がカラフルな可愛い水着を着て、コンサート会場に来ていた。

《凍えた日常  モノトーンで無機質な僕の世界 》  

夕鈴も、スタッフに特別に混じり最前列でReiの歌声を聴く。
Reiの好きな白いビキニの水着姿で…


《自分さえ信じられなくて 》  

《自分を守る術しか知らなくて 》  

《誰かを傷つけては 自分も傷ついてた 》  


ステージ上のこの人が、自分の彼だなんて夕鈴には信じられない。
彼女の目の前で、虹色のスポットライトを浴びて歌う恋人は、
スポットライトよりも眩しいアーティストReiという
耀くトップアイドルの光を内側から放っていた。

《自分でない誰かを愛することも知らなかった僕が 》  

《君に出逢えてすべて変わった 》  

《僕の新しい原色の世界 》

会場全体がReiに酔いしれる。

夕鈴は、Reiの世界に囚われていった。

  
・・・・続く

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.09/26 12:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 御連絡 

さくらぱん様

確認済みです♪
お心遣い、ありがとうございます。
お客様が増えてとっても嬉しいです(^^♪
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.09/27 15:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。