兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上司と部下の、初デート 3

三話目です。
今回はちょっと短め。

そして鍵は付けてないですが、ほんの少し大人っぽい表現がありますので、苦手な方はご注意下さいね!

このデート編、慧ネンは物凄く恥ずかしいです。
そして後2話でストック無くなるのに、続きが全く書けていない事が恐ろしい(*_*;

少し付け足しましたが、基本SNSにアップしていたものと変わりありませんので悪しからず…。

※24日、インテ行きま~す。見掛けたら声掛けて下さったら嬉しいです(^^♪



***




上司と部下の、初デート 3


楽しい時間は早く過ぎるもので、空はもう茜色に染まり、夕暮れ時を迎えていた。テーマパークを後にした二人は、黎翔が運転する車で海岸線を走り、海の幸で有名なレストランでディナーを済ませた。

辺りはすでに真っ暗で、遠くに街の灯りが見える。もうすぐで地元に着く頃、休憩を取るために車はSAに入った。

運転席に座る黎翔は、自販機で買ったコーヒーを飲んでいる。
「汀も何か飲むか?」と聞かれたが、夕鈴は首を横に振った。

ぼんやりと前を見詰め、夕鈴は溜息を吐く。

「…どうした?疲れたか?」

隣から、彼が心配げな声で聞いてきた。

「あ、すみません。大丈夫です。」

行きも帰りもずっと運転してくれて疲れているのは彼のはずなのに、気を遣わせてしまったと夕鈴は焦る。
ハッとして顔を上げると、こちらを見ていた黎翔と視線がぶつかった。
車内に入り込む街灯の灯りに照らされた、端正な彼の顔。
ドキンと、夕鈴の鼓動が跳ねる。

このままここを出たら、アパートまで送ってもらって、それで終わり。
楽しデートが終わってしまう。

フイッと顔を逸らした黎翔の手が、車のエンジンを回した。

帰り、たくないな…。

心の中で思った事は、口を突いて出ていたらしい。
運転席から身を乗り出してきた黎翔に、突然唇を奪われてしまった。

「ん、んふ…」

夕鈴の口から甘い喘ぎが漏れる。
事故ではない初めてのキスは、彼が先程飲んでいた少し苦いコーヒーの味。

「…お前、言ってる意味分かってるか?」

口付けの合間に問い掛ける彼の声が掠れている。夕鈴はこくんと頷く。経験はないが、これから彼に何をされるのか分からないほど子供でもない。

頭の後ろを押えられ、舌を絡める深いキスを交わす。
黎翔の首に手を回し、稚拙ながらも彼に応えていた夕鈴は、突然太ももを撫で回し始めた悪戯な手にびくりと身体を震わせる。

「んん…!?」

驚いて目を開けると、彼も情欲的な瞳でこちらを見ていた。
ワンピースの裾をたくし上げ、どんどん入り込もうとしている彼の手を必死に抑えた夕鈴は、首を振って彼の口付けから逃れた。

「ま、待って下さい…!」
「――待たない。」

即答した彼に、また唇を塞がれそうになる。

「…わ、私、初めてなんです…。」

夕鈴は泣きそうになりながら黎翔に言う。

「…怖いか?」

息が掛かるほど唇に近い所で動きを止めて聞いてくる黎翔に、夕鈴はこくりと頷く。

未知の経験に恐怖がわくが、彼に抱かれるのが嫌なわけではない。
むしろ、初めてが彼なら嬉しい。
でも…。

「――ここじゃ、ヤ…です…。」

耳まで真っ赤に染めた夕鈴は小さな声で呟いて、俯いてしまった。

彼女の小さな呟きを聞き、その言葉を理解した黎翔は、彼女の太ももを触っていた手を引いた。
片手で口元を押え、運転席のシートに深く凭れ掛かる。

「…悪い。」

バツが悪そうに謝る彼の頬は赤い。

首を横に振りながら捲れてしまった裾を直している彼女を見ながら、本当に申し訳ないと思う。

――何をやっているんだ。

夕鈴に内緒で勝手に奪った事や、事故で触れた事はあるが、明確な意思を持った口付けは初めてだった。
触れた彼女の唇は、やはりとても甘くて柔らかくて。

経験はあるくせに、今まで本気で好きになった女性がいなかった彼は、思わず性急に手を出してしまいそうになった。

確かに一生に一度の初めてが、車の中でなんて可哀想だ。

「――汀。」

助手席の彼女に、最終確認をする。

「良いんだな?」

「――はい。」

しばらくの間の後、夕鈴は小さく頷いた。

その返事を聞き、黎翔はサイドブレーキを下ろし、車を発進させる。
夕鈴はドキドキする胸を落ち着かせようと、シートに深く腰掛け窓ガラスの方に顔を向けた。

ガラスには、真剣な表情で前を見詰める黎翔の姿――。

ほうっと息を吐き、彼女はガラスに映る彼に指を這わした。


続く


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/23 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/25 22:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ドキドキ 

名無しの読み手様

コメントありがとうございます!
ノロノロと進んでいる初デート編です。
二人を生温かく見守っていて下さいませ(^v^)
インテ行ってきました~。
疲れたけど楽しかったですよ(^^♪
  • posted by 高月慧ネン(名無しの読み手様へ) 
  • URL 
  • 2014.08/25 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

おりざ様

こちらこそ、ありがとうございました。
またお会い出来る日を心待ちにしております(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(おりざ様へ) 
  • URL 
  • 2014.08/25 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。