兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕プレ☆ぴいこ様&ダリ子様より

こんばんは、慧ネンです!

私事ながら、本日慧ネンは30何回目の誕生日を迎えました。
今年も沢山のお祝いのお言葉と、プレゼントを頂いてしまいました~(^○^)
本当にありがとうございます!

上手く言葉に出来ないのが心苦しいですが、毎年こうやって祝って下さる心優しい皆様に出会えた事、とても嬉しく思います。
お礼は稚拙なSSでお返ししていくしかないので、亀更新ですが、これからもこの場所で萌をお届けしていきますね♥

そして早速、頂いたプレゼントをお届けに…見せびらかしに参りました(^^♪
SNSでいつも仲良くして下さる、ぴいこ様とダリ子様のSS&イラストのコラボです♥

ぴいこ様宅の、幼馴染シリーズが大好きな慧ネン。
可愛い恋人夕鈴に後一歩の所で逃げられたり、良い所で夢オチだったりと、毎回とっても残念なお兄ちゃん(黎翔さん)。

今年こそは、良い思いが出来るかな!?



***

※現パロ
※黎翔と夕鈴が幼馴染で恋人です


【幼馴染】


 玄関に見慣れた靴を見つけて、慌てて階段を登ろうとした黎翔は、ふと足を止めた。引き返して、台所へ確認に向かう。
 冷蔵庫の中には日付け指定のクール便で届いた荷物が、キチンと入れられていた。自分が不在でもこうして荷物を受け取ってくれている事が嬉しい。
(ひょっとしたら、僕よりも夕鈴の方が荷物を受け取る回数が多いのかな。よく来る宅配業者は、夕鈴を僕の奥さんとでも思っているのかも?!)
 そんな事を考え、頬を緩ませながら黎翔は自室がある二階へと向かった。

「ただい……」
 言いかけて黎翔は口を噤んだ。夕鈴がベッドの中で眠っていたのだ。
 黎翔がベッドの淵に腰を下ろすと夕鈴が寝返りをうち、黎翔の方を向いた。あどけない寝顔は、小さい頃から変わらない。
 黎翔は、目を細めるとそっと身体をベッドの中へと潜り込ませた。


 いつも寝ているベッドに二人で入っている不思議。普段はまるで椅子のように扱っているそれが、今日は全くの別物に思えて黎翔は、少しだけ緊張しながら夕鈴の頭を撫でた。
 頬にかかっている髪を、そっとすくい上げて、後ろへと流す。そのまま頬をそっと撫でる。滑らかな感触に心を躍らせながら、手を少しずつ下へ下へと滑らせていく。顎から、細い首を経てその下へと進めようとしたその時――――――


誕プレ・幼馴染(ぴいこ様&ダリ子様より)


「ただいま~」

 母親の帰宅に、黎翔は跳ね起きた。夕鈴がまだ目を覚ましていない事に安堵すると、静かに部屋を出る。
 そして、足音をたてないように階段を降りながら言った。
「今、夕鈴寝てるから静かにして」
「あらそう。一緒にプリン食べようと思ったのに……」
 
 そんな会話と、遠ざかっていく足音を聞きながら、今度は夕鈴はベッドから跳ね起きた。

(い、今の何?!)

 ドキドキが止まらない心臓を抑えながら記憶を辿る。
 今日は、時間に余裕があったので、黎翔の家を訪れてから布団を干した。少しの時間しか日に当てられなかったが、干したての布団は太陽の匂いがした。

 ふかふかの布団と、太陽の匂いと、それに紛れるお兄ちゃんの匂い。布団に包まるとまるでお兄ちゃんに抱きしめられているような感覚を覚え、安心して夕鈴はいつの間にか眠ってしまっていたのだ。

 そして、ふと気がついたら本当にお兄ちゃんの腕の中にいた。

 夕鈴は、寝ているフリをした。黎翔の雰囲気がいつもと違ったからだ。甘くてそしてどこか怖い。そんな空気に飲み込まれてしまいそうで、夕鈴はぎゅっと目を閉じていた。

 黎翔の指先はまるで壊れ物を扱うように優しかった。そっと頬を撫でてそして、額にキスをした。
(おばさんが帰ってきてくれて、本当に良かった)
 夕鈴は、安堵した。あのまま流されていたらどうなってしまっていたのだろうか。

 夕鈴は、まだ動悸が収まらない胸を押さえながら階段を降りた。

(うーん。お兄ちゃんにどんな顔して逢えばいいの?)

 戸惑いながらリビングへと辿り着いた夕鈴の目に飛び込んできたのは、のほほんとプリンを食べる黎翔の姿だった。

「あ、ゆーりん。おはよー。プリンたべる?」

(こんなにドキドキしてたのは私だけだったの?!)
 黎翔の緩みきった笑顔を見て、夕鈴の怒りが一度に湧き上がった。

「お兄ちゃんの馬鹿ぁ!」
「え?なんで?!」

 走り去る夕鈴。身に覚えのない黎翔は、プリン片手にただただ呆然としまるドアを見つめていたのだった。


END

***

はい!
という訳で今年も残念なお兄ちゃんが我が家に遊びに来て下さいました!

ぴいこ様のご自宅にも、こちらのお話はアップされています。
そしてダリ子様の素敵絵も、もっと大きな画像で見る事が出来ますよ!
是非、そちらにもどうぞ(^^♪

ぴいこ様、ダリ子様。
素敵なプレゼントを、本当にありがとうございました♥



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。