兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Sweet☆Home~決別の日~ 4

こんばんは、慧ネンです。

弱音(というかつまらない愚痴?)に、沢山の温かいお言葉を下さり、本当にありがとうございます(^^♪

あれもこれも中途半端にしているので、せめてシリーズの完結までは責任もって書いていこうと思います。
更新をもう少し増やしたい…。まずは週一くらいに。

最近は仕事が忙しく、帰宅後はぐったり…。
人いないのに、直属の上司は定時で帰るんですよ。酷いですよね。状況を見ろってんだ!
って、ここで叫んでもねえ…。(失礼しました。)

毎日暑いですが、来週は雨の予報になっていました。
少しは涼しくなってくれたら良いなあと思います☆

それでは、Sweet☆Homeシリーズの続きです。
虐待、暴力表現があります。閲覧には十分ご注意下さい。



***


My Sweet☆Home~決別の日~ 4


「あら、貴女だけなの、聖蘭?清良は?」

冷たい目で見下ろしながら問い掛けてくる、ママだった人。

「清良は絶対出て来ないよ。出てきたら、連れて行かれちゃうから。」

父が仕事で家にいない間、幼い聖蘭と清良にとって、母親である紗都香の存在は絶対だった。
叩かれても蹴られても、ご飯を作ってくれなくても、ほとんど家にいた彼女から逃れる術は無く、ただひたすら耐えるしかなかった日々。

痛かった。
怖かったし、苦しかった。

母であるこの人に睨まれるたびに、身体が硬直して動けなくなった。

「ダメよ聖蘭ちゃん!早く逃げて!!」

拘束されたまま、叫ぶ夕鈴。
彼女の頬は真っ赤に腫れていて、聖蘭は母に叩かれてよく頬を腫らしていた過去の自分を思い出した。

赤ちゃんは無事なのだろうか?
お腹を見る限りいつもと変わりないようだが、聖蘭にはどういう状態なのか分からなかった。

「あんたに用はないのよ!早く清良を連れて来なさい!!」

怒鳴りつける声は、悪い魔女のようだった。
いつも身体が強張って震えが止まらなくて、言う事を聞かなくちゃと思っていた。

でも、今は違う。

清良は見付からない場所に隠れている。
気付いてもらえるように、父親にもきちんと連絡をした。
出来る事は全てやった。何も怖がる必要なんてない!

「イヤ!絶対ママの言う事なんて聞かないから!それにお姉ちゃんは関係ないでしょ!?お姉ちゃんを離してっ!!」

――お姉ちゃんは、聖蘭が絶対助ける!!


夕鈴は泣きそうになりながら、リビングの入り口に立つ聖蘭を見つめた。

出会ったばかりの頃、どこにでもいるようなしっかり者の子供に見えた彼女は、慕うべき父親と母親の影に怯えていた。
酷い虐待は聖蘭の身体と心に大きな傷を残した。
父である黎翔にすら甘えようとせず、何か言われるたびにビクビクしていた数か月前。

今は泣きもせずに、睨むように実母を見上げている。
黎翔と同じ、意志の強い紅い瞳で。

(聖蘭ちゃん、強くなったね…。)

男の一人に腕を掴まれ、引き摺られるようにリビングに入ってくる聖蘭。

夕鈴を、弟を、他人を守るために聖蘭は一生懸命だ。
けれど、自分自身の幸せも掴んでほしい。
生きる事を、諦めないで欲しい。

「お願い、聖蘭ちゃんに乱暴するのはやめて!彼女は貴女の子でしょう!?」

夕鈴の傍から離れて聖蘭の方に向かった紗都香が手を振り上げ、小さな彼女の頬を頬を何度も平手打ちするのを見て叫ぶ。
バタバタと暴れても、頭を掴む男の力は緩まない。

「ねえ!お願い!私はどうなっても良いから!」
「ダメ!お姉ちゃん、絶対ダメ!!」

紗都香に懇願する夕鈴と、それだけは駄目だと言う聖蘭の声が重なる。

「煩いわね!あんたは昔っからそう!私の言う事を聞かない可愛くない子!!」

カーペットを敷いているとはいえ、硬いフローリングの床に押し倒された聖蘭の上に伸し掛かり、逃げられない彼女に暴力を振るうことを止めようとしない紗都香。

どうしてなのだろう。
どうして、実の娘にこんな酷い事が出来るのだろう。

「お願い、もうやめてぇ…!!」

真っ赤に腫れ上がっていく聖蘭の両頬を見て、夕鈴は涙が止まらない。
痛いはずなのに、聖蘭は泣きもせずに口をキュッと引き結び紗都香から視線を逸らす事は無かった。

「…どうして?どうしてなのよ!?」

聖蘭の頬を叩きながら、紗都香は叫ぶ。

彼女にとって、娘は気を晴らす為の道具だった。
夫に見向きもされない悲しみや苦しみを、ぶつける相手。
口答えも抵抗もしない、自分の分身のような存在。

その娘が、まるで睨むように真っ直ぐな視線を向けてくる。

悪いのはお前だと。
全てお前が悪いのだと。

あの人と同じ、意志の強い真っ直ぐな瞳で。

「見ないで!その瞳で、そんな目で私を見ないでよう…!!」

殴るのを止め、両手で前髪を掻き毟るように掴み叫ぶ。

本当は心のどこかで、母として娘に慕ってもらいたかったのかもしれない。

互いを護ろうとする夕鈴と聖蘭。
血の繋がりも無い赤の他人の二人の、家族にも似た絆の深さに紗都香は嫉妬した。

夕鈴と言う少女のお腹にはすでに子がいると言う。
私はなれなかった、黎翔の新しい家族が…。

「ふ、フフフフっ…!アハハハハ!!」

狂ったように笑い始めた紗都香を見て、聖蘭はギョッとする。
彼女は突然聖蘭を抱き込んで羽交い絞めにすると、夕鈴を指差して叫んだ。

「そこのお前!この女を二度と黎翔の前に出れない身体にしてやりなさい!」

幼い頃から付き従っている男の一人に命じると、彼は少し躊躇いを見せたが「承知しました」と答えた。

夕鈴は懸命に後ずさるが、狭いソファの上、すぐに逃げ場が無くなった。
何をされるのか想像がついて、蒼褪める彼女の服を男の手が掴んだ。
力任せに引き裂かれ、ボタンが弾け飛ぶ。

「やめて!酷い事しないで!!ねえ、ママ!止めさせてっ!!」

必死に首を捻り、自分を羽交い絞めしている母親を見て懇願するが、不気味に微笑んでいるだけ。

「…おじちゃん、やめて!赤ちゃんがいるの!!そんな事しないで…!!」

細い夕鈴の身体の上に伸し掛かろうとしている男。
そんな事したら――。

「他の女が産む黎翔の子なんて、死んじゃえばいい…。」

背後から聞こえた呪いのような言葉。

パパ…パパ!!

『俺が傍にいられない時には、お前が夕鈴お姉ちゃんを護ってやってくれ。』

脳裏に甦る、父の声。
初めて交わした、父との約束。

パパ、ごめんなさい!
聖蘭、お姉ちゃんを護ってあげられなかった…!

「やめて―――っっっ!!」

聖蘭の悲痛な声が響いた、その時。

「――おい。」

酷く冷たい低い声が聞こえ、夕鈴に伸し掛かっていた男が吹き飛んだ。


続く
 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

シリーズ完結までと言わずにずっーと続けて下さい!!

あー、また続きが気になるところで終わっちゃいましたね〜
気になりますよ〜
妄想が止まらないです(笑)
  • posted by ちろ 
  • URL 
  • 2015.08/08 03:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

間に合いましたね!?
聖蘭ちゃんは、本当によく我慢した!偉い!
続きは黎翔さんの活躍でしょうか?

  • posted by ますたぬ 
  • URL 
  • 2015.08/08 05:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

聖蘭ちゃん痛いよー。・゜゜(ノД`)
いくら自分で産んだ子供だと言っても、子供は親の分身ではないのに!

………パパが間に合ったーーー!!

  • posted by 桃月 
  • URL 
  • 2015.08/08 05:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

どぅぅわぁぁぁぁ
こんなに、こんなに、

酷く冷たく低い声
を、待ち望んだ事はなかったぁ‥‥ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

あっ、息止めてた
ドキドキ。ドキドキ。
  • posted by タイフーンです 
  • URL 
  • 2015.08/08 06:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

来たー。やっと来たー!!( i _ i )
聖蘭ちゃんかわいそう…
馬乗りで平手?酷すぎる〜。
父子の絆が素敵です。
夕鈴のおかげですね。

ところで身体と心が許す限り書き続けて欲しいです。
creuzシリーズの本当の初夜がどんなに探しても私には探せないし…←
上司と部下の行く末も気になる…
できたら夕鈴の同僚、または幼馴染として相談に乗りたいくらいです。

あれもこれも待てしてますので、よろしくお願いします(((o(*゚▽゚*)o)))
  • posted by まんまるこ 
  • URL 
  • 2015.08/08 08:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

その「酷く冷たい低い声」を待ってました!
よかった。間に合って。

>最近は仕事が忙しく、帰宅後はぐったり…。

これ...すっごくよく分かります。
会社にいるときは戦闘モードだから平気なんですが
会社で気力を奪われているから、家に帰るとぐったり
しちゃうんですよね。
こういう時は無理なさらず休んだ方がいいですよお。

続きはとても気になりますが、のんびりお待ちしてます。
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2015.08/08 09:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.08/08 15:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

間に合った?間に合いましたよね?
ああ、もう次まで待てが出来ないかも〜←駄々っ子

私もcreuzシリーズの初夜見つけてません!
ずっとずっと書き続けてほしいです。でも仕事から帰るとぐったりはわかります。
私もほぼそんな状態です。
21日に仕事の資格試験があるのですが、全然やってません。今回はやばいかも(>_<)
ところで「他の女が産む黎翔の子」この言葉が本当だって彼に気づいてほしい。次はホッとする展開になるかなー。ドキドキドキ( ゚д゚)
  • posted by まるねこ 
  • URL 
  • 2015.08/08 16:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.08/08 23:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.08/13 23:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

ちろ様

ずっ~と?は、無理かもしれません(笑)
いやでも、昔からジャンルは違えど好きになった漫画の妄想は酷かったから、おばあになっても妄想しているかも…。

いつもの如く気になる所で続く!にしてすみませんm(__)m
更新まで妄想して下さい。
そしてその妄想内容を慧ネンに教えて下さいね☆
  • posted by 高月慧ネン(ちろ様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/15 01:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

ますたぬ様

ええ、間に合いました!
ここで良いとこ見せないと、パパの面目丸潰れですから。
聖蘭は本当に頑張りました。
この後はパパが活躍してくれると思います(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(ますたぬ様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/15 01:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

桃月様

抵抗出来ない弱い存在に暴力を振るう人間は最低ですよね。
それがたとえ自分が産んだ子供でも。
彼女はお嬢様で周囲に甘やかされて育ったため、残念ながら人としての何かが欠落しています。

やっとパパが来てくれたので、後は彼に任せましょう!
  • posted by 高月慧ネン(桃月様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/15 01:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

タイフーン様

い、息は止めないで下さいっ!あわわ…!!(ー_ー)!!
待ち望んだ存在が助けに来てくれましたよ~。
次回、パパがちょっとカッコいい所を見せてくれるかなあと言う感じです(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(タイフーン様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/15 02:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

まんまるこ様

聖蘭にとって、これが正念場でしょうか。乗り越えたらきっと幸せな事があるはず…!
父子の絆も、きっと夕鈴が繋いでくれたものでしょう(^^♪

妄想は果てしなく…。先にダメになるのは心か身体か…?
身体かな…うん…。
えっとお、Creuzシリーズの初夜は、どんなに探しても見つかりませんよ?
だって、まだ書いてないですから。
え?嘘だろって?本当ですよ?
あ、もしかして別館の事を仰ってるのかしら?
そこにもCreuzシリーズはないですねえ…。あるのは変なのばかりですねえ…。

上司と部下もラストは決まっているのに、そこに辿り着くまでの道のりが長い長い…。
自分で考えておいてなんですが、挫けそうです(*_*;
でも出来るだけ頑張りますね!
こちらこそよろしくお願いします(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(まんまるこ様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/18 02:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

けい様

お待たせしました!
黎翔パパ、ようやく登場です(^^♪

職場って戦場ですよね。
精神的に疲れて職場変えた時、正社員からパートになったのに、給料だけ下がって精神的疲労は前以上に酷いんですよ(*_*;
接客業なんて…慧ネンに向いてないんでしょうねm(__)m
職場の同僚が、比較的良い人ばかりなのが唯一の救いです☆

仕事より更新頑張りたい…。(マジ)
  • posted by 高月慧ネン(けい様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/18 02:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

みえぶた様

初めまして!コメントありがとうございます(^v^)
みえぶたさんの、上司云々の話、すっごく納得し出来ます!
やっぱり世の中、会社というものはどこも同じなんですねえ…。
きっと皆様も苦労しているんでしょうね…としみじみ思います(*_*;

ヘタレで鈍い(←あえて両方とも使います)黎翔パパが無事に夕鈴をお嫁さんにして、彼女が新しいママになったら、聖蘭もこれからたくさんの幸せを掴める事と思います。
やっぱりパパに頑張ってもらわなくてはいけないようです。ヘタレパパの背中を押してあげて下さいね。

みえぶたさんも、お身体ご自愛してお過ごし下さい。ここ数日はちょっとだけ涼しいですけどね(^^♪
  • posted by 高月慧ネン(みえぶた様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/18 02:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

まるねこ様

間に合いましたよ~(^^♪
ハラハラさせて申し訳ありません!お待たせしました!!

Creuzシリーズの初夜は、どんなに探しても見つかりませんよ?
だって書いてないから!エッヘン!(←威張るな)
いや~最近また大人表現が書けなくなって、もう書かなくても良いんじゃね?という感じなのですが。
Creuzシリーズもストーリー的には出来上がっているので、書けば良いだけなんですけどね。
それが難しいのだから、ホント困ります(*_*;
いつまで書き続けれるか分かりませんが、自分なりに頑張ろうと思います(^^♪

資格試験、もうすぐなのですね。是非頑張って下さいませ!
陰ながら応援しております!

あ、「他の女が産む黎翔の子」は、パパには全く伝わりませんでした(*_*;
南無。
いやでも、いつかは。いつかはねm(__)m
  • posted by 高月慧ネン(まるねこ様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/18 03:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: お久しぶりです 

くみ様

お久し振りです!お元気そうで何よりでございます(^^♪
読み逃げでもなんでもOKですよ~。気が向いた時にこうしてコメント頂けたらもっと嬉しいです♥
こんなスローペースのブログで、妄想ダダ漏れの話を好きだと言って頂けてとても嬉しいです(^^♪
更新頑張ろうとしてもやっぱり亀更新ですが、良ければお付き合い下さいませ☆

パパがようやく来てくれました!
聖蘭が頑張ってくれたから、間に合ったんですよね~。
パパ、娘に感謝しなくては。

ここ数日は天気が悪くて少し涼しいですが、残暑は厳しそうですね。
くみさんもお身体ご自愛下さいませ(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(くみ様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/18 03:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

rejea様

読んで下さってありがとうございます!
聖蘭が健気に頑張ってくれたので、パパは間に合う事が出来たんですよね。
早く彼女にも幸せが訪れて欲しいと思います。

拍手やコメントを沢山頂けるのは本当に嬉しい事なのですが、こんな拙くわけ分からない妄想話に付き合わせていると思うと申し訳なく…。
もっと面白く、内容の濃い話が書けないものかと思うのですが、毎回撃沈しております(*_*;
日本語って難しい…。

支部のイラスト拝見して、はわわ…♥となりました!
慧ネンイラストは全く描けないので、素敵なイラストを描けるrejeaさんが羨ましいです…(^^♪
また素敵なイラをアップして下さいね♥
  • posted by 高月慧ネン(rejea様へ) 
  • URL 
  • 2015.08/18 03:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。