兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

St. Valentine's Day♥Hot chocolate 

バレンタインの夜にこんばんは~(^^♪
せっかくのイベントなので、何かお届け出来ないかと頑張ってみました。
間に合って良かったあ…!!

当ブログの看板シリーズである『Sweet☆home』『上司と部下』『Creuz』の3作品を、オムニバス形式(?)で書いてみました。
それぞれ独立した短編の寄せ集めなので短いですが、何とか上手くまとめる事が出来たのではないかと思います。

年に一度のバレンタイン、夕鈴は絶対手作りチョコを作ると思うけれど、何かがあってどうしても作れなかった場合。
丁度ついったーで流れてきたホットチョコレートのレシピが、それぞれのキャラに合いそうだなと勝手に萌えて書いてしまった。…レシピ載せた方、パクってすみません拙かったら言って下さい、いやマジで

※Sweet☆Homeシリーズ…少しだけ未来。二人は夫婦で、作中には出て来ませんが双子ベビーがいます。
※上司と部下シリーズ…タイム☆トラベルの数か月前と思って下さい。ちょっとだけ大人風味。
※Creuzシリーズ…夕鈴卒業間近。まだ一線越えてません(笑)Creuzメンバーも出てます!

どんな話でもOKと言う方のみ、お進み下さいね~(*_*;



***


St. Valentine's Day♥Hot chocolate

☆基本のホットチョコレートのレシピ☆

①板チョコ一枚(50g)を細かく刻む(好みでg数を変えてもOK)
②鍋に牛乳300ccを入れて弱火で温める
③①を加えて溶かして完成

さあ、それぞれの恋人・夫にどんなホットチョコレートを作ったのかな?


~Sweet☆Homeシリーズの場合~

数日前からインフルエンザに罹ってしまった聖蘭と清良の看病で、夕鈴は大忙しだった。
聖蘭は熱が高いわりに元気で、座ってテレビを見たり漫画を読んだりと大人しく寝てくれなくて困った。清良は彼女とは逆で、辛くて泣きっ放しでひきつけを起こしてしまい、目が離せなかった。

ようやく二人の症状が落ち着き、月曜日からはそれぞれ学校と保育園に行っても大丈夫となった頃、世間はバレンタインデーを迎えていた。

一応スーパーでチョコは買ったものの、これだけではちょっと寂しい。
黎翔は別に手作りにこだわらないとは思うけれど。

「あ…これ良いかも。」
手作りチョココーナーにあったミニ冊子を見て、夕鈴は材料をそろえるべく動き出した。

キッチンで親子三人でレシピを見ながら作り始める。

幼い子供に包丁を使わせるのは危ないので、チョコを刻むのは夕鈴がする。
踏み台に乗り、牛乳が焦げ付かない様に鍋をかき混ぜるのはエプロン姿の聖蘭。
温めた牛乳にチョコを入れるのは、夕鈴に抱っこされた清良が頑張ってお手伝いする。

「「「出来た~~!!」」」

子供達の分は、牛乳の量を少し減らし、生クリームを足して濃厚なホットチョコレートに。
仕上げにホイップクリームを乗せれば、ゴージャスになる。

「「美味しい~~♥」」
「本当?良かったね~」
口の端にホイップをつけて満面の笑みの二人はとっても可愛らしい。

珍しく早く帰宅した黎翔には、ビターチョコを使用し、仕上げにブランデーを足したちょっと大人の味のビターホットチョコレートを本命チョコと共に。

毎年病院で看護婦や患者から沢山もらうチョコは、全て医局に置いてきて一個たりとも家に持ち込まない。
「ん?これも美味いな。ありがとう、夕鈴」
嬉しそうに笑って、ギュッと抱き着いてくる。
甘いものがあまり好きではない彼も、これなら大丈夫だったようだ。
子供達が見ている前でキスしてこようとしたので慌てて止めようとしたら、聖蘭が清良の目を両手で塞いでそっぽを向いてくれた。
「んあ…」
彼のキスは、ビターチョコとブランデーの味がした。

その後、大きなハート形のチョコレート(大きいけれど、至ってシンプルなチョコなので値段は安く子供でも買える)を、聖蘭と清良が「「ママに」」とくれて。
父親である黎翔に渡すのだろうと思っていた夕鈴は、ビックリしたけれどすごく嬉しくて泣きそうになった。
その横で黎翔が、「パパには?」と首を傾げていて思わず笑ったしまった夕鈴だった。



~上司と部下シリーズの場合~

こんな時に出張なんて入れなくても良いじゃないかと会社を恨むけれど、社会人なのだから従うしかない。
昨年は手作りだったが、今年はその時間が取れなかった。デパートで買った義理ではない本命チョコを持って、恋人のマンションに向かう。

「…おかえり夕鈴、お疲れ。」
玄関先で出迎えてくれた黎翔に抱き締められ、彼の労いの言葉にふっと力が抜けた。

遅い夕食は彼の手料理だった。
「疲れているだろ?これだけで構わないぞ?」
お腹が満腹になって今にも寝てしまいそうなほどフラフラしているのに、キッチンでがさがさと動き出した夕鈴に、黎翔は彼女が今しがたくれたチョコを手で玩ぶ。
正直早くシャワーを浴びて寝たいけれど、手作りチョコを作れなかった分、せめてこれだけは作りたい。

デパートではなく駅の近くのコンビニの、レジの傍にあったミニ冊子。
誰でも簡単に作れるホットチョコレートのレシピが載っていた。これならあまり時間が掛からないし、すぐ作れる。

牛乳は使用せず、代わりに使うのは赤ワイン50cc。それにチョコを溶かし、生クリーム100ccを加える。仕上げにホイップクリームを乗せたら、赤ワインホットチョコレートの出来上がり。

甘いものが極端に嫌いではないが好んでは食べない、酒好きの彼にぴったりだと思った。
「…イケるな、これ。」
一口飲んで、意外そうに目を瞠る黎翔。
「飲んでみるか?」と勧められて、一口口にした夕鈴は…。
「おっとっ」
くにゃんっと倒れそうになった細い身体を、黎翔が受け止めた。

「ん…?」
くったりと黎翔に凭れ掛かる夕鈴の、頬は真っ赤になっている。そして瞳は潤んでいて、ぽやんとした表情で不思議そうに見上げてくる彼女に、黎翔は苦笑い。
「お前にはさすがに強すぎたか。」
夕鈴が酒に弱い事を知っているくせに、勧めたあたり確信犯だ。

抱き上げられて連れて来られたのは、彼のベッドルーム。
「シャワー…」
呟いた夕鈴に、「明日にしような」と返してキスで口を塞ぐ。絡み合うお互いの舌、貪りあう咥内に広がるのは赤ワインの味。
「あ、んっ…れいしょう…もっと…」
とろんとした目で見つめられ、甘い声で乞われるともう止まらない。

黎翔に翻弄された夕鈴の、啼き声にも似た嬌声が明け方まで続いたバレンタインの夜。
翌朝、起き上がれなくて結局会社を休む羽目になった夕鈴は、来年からはアルコールの入っていないチョコにしようと固く心に誓ったのだった。



~Creuzシリーズの場合~

恋人の黎翔には手作りのチョコを。彼のバンドメンバーとマネージャーの李順には、デパートで買ったチョコの詰め合わせを毎年贈っていた。

現在高校三年生で今春から大学生になる夕鈴は、珍しく風邪を引いてしまい数日間寝込んだ。間の悪い事に、バレンタインデーの直前。当日には何とか治ったものの、今年は手作りチョコが作れなかった。

デパートで本命チョコを購入した夕鈴は、彼のマンションに向かう電車の中でスマホで見ていたレシピ集に良い物を見付けた。これなら足りない材料だけ買っていけばすぐに作れそうだ。

マンションには先客がいた。彼のバンドメンバー達だ。
せっかくだからと、夕鈴は彼らにも振る舞う事にした。

会えば毎回喧嘩腰になるRyuこと柳方淵には、シナモンとカルダモンを牛乳と一緒に入れて作るスパイシーホットチョコレートを。バニラエッセンスで作ると甘い優しい味のホットチョコになるらしいが、彼にはこれで充分だ。
「…フン、味はまあまあだな。」
厭味ったらしい言い方がムカつくが、不味ければ遠慮なく捨てる男なので気に入ったらしい。

いつも優しく気を使ってくれるSuiこと氾水月には、牛乳で紅茶2パックを煮て取り出して作るティーホットチョコレートを。オススメと書かれているアールグレイを使用したが、好みで変えれるらしい。
「とっても美味しいです。ありがとうございます。」
紅茶好きの彼はすごく喜んでくれたけれど、誰かさんの視線が気になるのか表情が強張っていた。

面倒見が良くて彼と付き合い始めて何度も相談に乗ってくれたHiroこと浩大には、レモンの皮6分の1個分を牛乳と一緒に煮て作るレモンホットチョコレートを。仕上げにホイップクリームを乗せ、削ったレモンの皮をトッピング。
「シャレオツだな、シャレオツ!…うん、味も面白いなあ~」
チョコとホイップとレモンの皮という意外な組み合わせに驚きながら、それでも楽しそうに飲んでくれた彼にホッとする。

口煩くはあるがお世話になっているマネージャー李順には、ビターチョコを使用し、インスタントコーヒーを小さじ~1ほど牛乳に加えて作るコーヒーホットチョコレートを。コーヒーの濃さは『好みで』だったので、ちょっと多めにしてみた。
「…ああ、こういうのも良いですね。」
メンバー達に振り回されてお疲れ気味の李順は癒されたように呟く。コーヒー好きの彼にはお気に召してもらえたようだ。

皆が帰って二人だけになった途端、黎翔が抱き着いて来た。何も言わずにギュウギュウ抱き締めてくるところを見ると、義理と分かっていても自分以外の男にホットチョコを入れたのが嫌だったらしい。
でも文句を言って心の狭い男だと思われたくない彼は、何も言えずに拗ねている。

夕鈴がそんな可愛い恋人に作ったのは、基本の甘いホットチョコレートに好みのお酒を小~1仕上げに加えたほろ酔いホットチョコレート。焼酎・ラム・ブランデーなど何でも合うが、今回はラム酒にしてみた。
「すっごく美味しいよ、夕鈴…!」
本命チョコと一緒に味わう黎翔は、先程までとは違いご機嫌な様子。
まだ未成年の夕鈴には味見が出来ず不安だったが、とっても嬉しそうにしている彼に安堵の息を吐く。
「味見…してみる?」
何だか含みのある言い方をした黎翔が、ぺろりと舌を出して唇を舐める。その様子を見た夕鈴は、吸い寄せられるように彼に口付けた。
「…ん…苦いです…。」
「夕鈴にはまだ早いかな?」
ひょいっと抱き上げて彼女を連れて行くのは、もちろん寝室。ベッドの上に下ろすと、夕鈴の方から抱き着いて来た。

「もうすぐだね…。」
「…はい。」

二人で決めた約束の日まで、あと数週間。
夕鈴は高校を卒業する。

「楽しみにしてるよ。」
そう言うと、夕鈴が茹蛸のように真っ赤になって黎翔は嬉しくて笑う。
けれどこれ以上からかうのも可哀相かと思って、話題を変える。

「…今日のお返しも頑張るから、ホワイトデー楽しみにしててね。」

温かくて柔らかい彼女の胸に顔を押し付けると、彼女の返事にあわせて鼓動が跳ねた。


END


更新の励みにさせて頂いてます。ポチッとな~

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/14 22:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは
バレンタインにふさわしい
甘い話をありがとうございました。
どのシリーズも好きですが
Creuzシリーズは特に大好きなので
読めて嬉しかったです。
早く解禁にならないかなぁ。(*^o^*)
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2016.02/14 22:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

今回かなり遅れました(o^^o)

どこも幸せそうでよかったです*\(^o^)/*
  • posted by たつぼん 
  • URL 
  • 2016.02/14 22:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/14 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

大好きなシリーズが全て読めるなんてお得なバレンタインです〜(((o(*゚▽゚*)o)))

こんなにホットチョコのレシピがあるのも、みんなにぴったりなのも驚きです!!

わたしも飲んでみたくなりました(#^.^#)
  • posted by まんまるこ 
  • URL 
  • 2016.02/14 23:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/15 08:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/15 14:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/15 14:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

めっちゃ嬉しいです♡
全部のおはなしが一気に読めちゃうなんて(^^)

素敵なバレンタインありがとうございます♫
  • posted by ちろ 
  • URL 
  • 2016.02/15 18:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

これまた美味しい組み合わせですごく嬉しいです(#^.^#)
ホットチョコも色々ですね。
飲んでみたくなりましたo(^▽^)o

こんな風にちょこちょこシリーズの更新があると少しずつお話が進んでるのがわかるのでいいですね( ´ ▽ ` )ノ
  • posted by まるねこ 
  • URL 
  • 2016.02/15 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/15 23:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.02/17 06:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

かざね様

オムニバス形式って初めて使った…。
沢山あるシリーズの様子をちょこっとずつお伝え出来て、こんな短編寄せ集めもたまにはいいかなあと思いました(^^♪
  • posted by 高月慧ネン(かざね様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/17 23:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

けい様

あまり甘過ぎると以前みたいに(書くのに)苦戦するので、ほどほどにしてみました。
少しでも気に入って頂けて良かったです。
Creuzの解禁は、慧ネンが書けばすぐなんだけどなあ…。
脳内妄想はしてるけど、指が動かない(*_*;
もう朝チュンだけじゃダメですか?
  • posted by 高月慧ネン(けい様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/17 23:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

たつぼん様

いえいえ、十分早いですよ…!
せめてイベント小説だけでも甘くしないとね。(特にSweetは…)
幸せのお裾分け~♥
  • posted by 高月慧ネン(たつぼん様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 00:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

ますたぬ様

幸せをお裾分け出来て良かったです(^^♪
上司と部下が一番甘かったけど、夕鈴は一番お気の毒でしたよね、ホント。
出張帰りで疲れていたのに…(*_*;
  • posted by 高月慧ネン(ますたぬ様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

まんまるこ様

各シリーズの様子をちょっとずつお届け出来て良かったです~(^^♪
慧ネンもホットチョコにこんなに沢山バリエーションがあるの知らなかったです。って言うか、書いておきながら作った事ないし☆
各キャラにピッタリなのは慧ネンもビックリ。とっても楽しく書けました(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(まんまるこ様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

あい様

ついったーでレシピが流れて来なければ、この話は書けなかったです。イラスト付きだったので、それを保存しておいて良かった☆慧ネンが一番気に入っているのは、方淵のスパイシーホットチョコです。
自分が飲むなら聖蘭と清良が飲んだ濃厚ホットチョコですね!←甘党なので♥
Sweet☆Homeは本編を差し置いて番外編だけがどんどん先に進んで申し訳ないです(*_*;

ホテルもテイクアウトも狼も、もうちょっと我慢してね、課長!
お試しが本当の付き合いに昇格したら、好きなだけしていいからっ!!

あいさんのお話、ずっと待っています~。出会い編も初夜編も♥
バレンタインSS、とっても良かったですよ~♪←ここで言うな。
お利口に待てしていますので、無理せず書ける時によろしくお願いします(^v^)
  • posted by 高月慧ネン(あい様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 一度に美味しいお話を沢山ありがとう。 

聖璃桜様

遠く外国からのご訪問、ありがとうございます!
素敵な旅を楽しんで下さいね(^^♪
  • posted by 高月慧ネン(聖璃桜様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

はちこ様

本編は波乱なSweet☆Homeシリーズですが、その先にはこんな幸せな未来が待っている事を糧に頑張って続きも書いていこうと思います。せっかくのイベント、こういう時だけでも平和で甘い話をお届け出来て良かったです(^^♪
  • posted by 高月慧ネン(はちこ様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

ちろ様

本当に少しずつでしたが、各シリーズの様子をお届け出来て良かった♪
どの話もバカップルでしたけど、まあせっかくのバレンタインなので大目に見ましょう。
またいつか、今回のようにオムニバスで短編アップ出来たら良いな~(^o^)
  • posted by 高月慧ネン(ちろ様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

まるねこ様

こういうのも良いですよね!一つのシリーズで長編考えるのが難しい時には、またこの手を使用するかもしれません。
ホットチョコ、慧ネンも飲んでみたい。でも作るのめんどくさい☆
夕鈴の手作りなら、沢山飲んじゃう(^○^)
あ、でもお酒は入っていない甘いのが良いな←誰に言ってるの?
  • posted by 高月慧ネン(まるねこ様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 今晩は 

順子様

慧ネンが書くSSを愛してくれてありがとうございます!そして、きゃっ!告白されちゃった♥
お返しは少しでも多くの萌をお伝えする事でよろしいですか?
…雪!お住まいの地方は雪降っていますか!こちらはさすがに降っていませんが、数日前の温かさが嘘のように今夜は冷え込んでいます。室内温度26度設定なのに寒いです…(*_*;
お互い風邪ひかないように気を付けましょうね!
小学生レベル…。順子さん何気にきついですねえ。あ、でもキスは玄人か。
小学生同士でお付き合いって、田舎育ちの慧ネンには想像出来ない…。あ、でもちびっ子同士でほっぺにチュッは可愛いか♥
そして新たな現パロ設定、検事とか弁護士ってかっこいいけど良く分かりません。ハードル高いですよお…(*_*;
読んでみたいけど。誰か書いてくれないかなあ。あ、順子さん、如何です?←無茶振り☆
  • posted by 高月慧ネン(順子様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

こやあの様

楽しんで頂けて良かったです(^^♪
シリーズは違えど、夕鈴は安定の可愛さ。手作りチョコが無理でも何か作ってあげたいという気持ちも愛を感じます。
慧ネンは濃厚ホットチョコレートが飲みたいです。←え?聞いてない?
あ、Sweet☆Homeの子供達からパパへのチョコはありません。ママにだけです(笑)
  • posted by 高月慧ネン(こやあの様へ) 
  • URL 
  • 2016.02/18 01:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。