兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪嫉妬は恋のスパイス?

遅くなってすみません

バレンタイン小説の続きです。




♪嫉妬は恋のスパイス?


「――あ、ここで良いです。」
運転手にそう告げて、黎翔のマンションの近くでタクシーを降りた。

エントランスのセキュリティーを解除し、エレベーターで最上階に向かう。

2月14日。

夕鈴は学校を終えて一度家に戻り、夕飯の準備を終えて自宅を出た。
向かうのはもちろん、恋人のマンション。
午後からはオフの彼は、部屋で待ってくれている。

迎えに行くと言う彼を、夕鈴は断った。
――何故なら。

「…いらっしゃい、夕鈴。」

笑って自分を出迎えてくれる、彼の顔を見たかったから――。

「寒かったでしょ?…上がって。」
そう言って黎翔はすぐに夕鈴を室内に招き入れる。
「お邪魔します。」
羽織っていたコートを脱いで、夕鈴は黎翔と共にリビングに向かった。

二人で作ったご飯を食べて、シャワーを浴びた後の寛ぎタイム。
夕鈴は隣に座った黎翔に、作ってきたチョコレートケーキを手渡した。

彼はとても甘いものが好きだ。
何を作っても喜んでくれるだろうが、夕鈴は結局無難にハート形の大きなケーキを焼いたのだ。
チョコレート生地のスポンジに、生クリームとチョコクリームをたっぷり挟んで仕上げた。

「…わあ、ありがとう!」

受け取った黎翔の瞳がキラキラしている。
彼のそんな顔を見ていると、夕鈴はとても幸せになったが。

実をいうと、彼へのチョコレートはもう一つある。

悪友・明玉の言葉に乗せられて一度はやってみようと決心した夕鈴だったが、一晩寝て今日1日中考えて、やっぱり自分にそんな大胆な事出来ないと思った。

『自分を食べて』なんて、そんなこと言えるわけない。
そんなこと言ったら、彼に幻滅されるかもしれない。

「…どうしたの?」

ブンブンと首を振っていると、黎翔が心配そうに声を掛けてきた。
その声にハッとして何でもないと言おうと顔を上げた夕鈴の目に、黎翔の足元に置かれた紙袋が写る。
そこから顔を覗かせているのは、赤やピンクの包装紙で、可愛らしいラッピングをされた沢山の箱。

あれは…あれって、もしかして…?

夕鈴の胸の中が、もやもやした嫌な感じで一杯になる。

あれは、バレンタインデーの贈り物だ。
恐らくは、ファン達からの。

分かっている。
彼は芸能人なのだから、ファンの女の子達からも、当然プレゼントされるだろう。
分かっているけど、やっぱり悔しい。

思わず眉を寄せて唇を噛み締めた夕鈴に、黎翔が「ん?」と首を傾げながら聞いてくる。

黎翔の恋人は自分なのだから、ファンの子達とは違う、特別なチョコを彼にあげたい。

「――黎翔さん。」

夕鈴は、決心した。

「もう一つ、渡したいチョコがあるんです。」

黎翔の端正な顔を見ながら、夕鈴はそう言った。

自分の言葉を、後悔する事も知らずに。


続く


やっぱり続きます…

あと2話くらい?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

おはようございます!!

バレンタイン話、続くのですね!大歓迎ですよ♥

嫉妬ですね~夕鈴。
まさか黎翔さんゆうりんに見せつけるため(嫉妬させようと?)に
見える場所に置いておいたのでは・・?(考えが黒くてすみません)

甘甘な二人・・・。(*´∀`*)
楽しみに待っていますね。

**
お仕事おつかれ様です^ー^

出張とか大変ですね(汗)

体調に気を付けて妄想してくださいね←おい(゚Д゚)ノ

  • posted by ぷーちゃん 
  • URL 
  • 2013.02/16 08:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

ぷーちゃん様

こんにちは、コメントありがとうございます!
いつもの如く、お返事遅くなってすみません<m(__)m>(←これ言うの、何回目?)
そして更新も遅くてすみません。

バレンタイン小説、短くサクッと終わらせようとしたのに、どうしても短編は無理みたいです…。
早めにケリをつけて、リクエスト小説を書かないとね!

ぷーちゃんさん、鋭いですね。バレンタインチョコを見えるようなところに置いていた黎翔。
ほぼ、お考えの通りです。
もっとずるいかも?
この辺の裏話も書くつもりでいます(^^♪
嫉妬した夕鈴は、どう暴走するのでしょうね?

出張大変でした。難しいです。
嫌だけど仕事も頑張らなくちゃね…。
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.02/19 16:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。