兎と狼のラビリンス

こちらは白泉社『狼陛下の花嫁』の二次創作ブログサイトです。(作者様・出版社様とは関係ありません)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ズルいオトコの、懺悔と言い訳

バレンタイン小説の続きです。

黎翔サイド。

彼の独り言です



♪ズルいオトコの、懺悔と言い訳


恋人の甘い身体に夢中になり、理性を失っていたのかもしれない――。

黎翔がハッと我に返ると、組み敷いていた彼女は意識を失っていた。
泣き腫らした目元は真っ赤に染まり、今はきつく閉じられている瞳も、この分だと兎のように真っ赤になっているだろう。

夕鈴の身体はチョコまみれになっていて、真っ白だったシーツも茶色いシミが出来ている。
彼女が目を覚ましてこの惨状を見れば、悲鳴を上げることは間違いない。

髪を掻き上げた黎翔はフウッと溜息を吐き、まずは彼女の身体を清めてあげるのが先決だと、夕鈴を抱き上げバスルームに向かった。

腕に抱きかかえ優しく身体を洗っている間も、夕鈴はピクリともしない。
彼女の秘所に指を挿し入れ内部を清めてると、「う…」と声を上げたが、結局目を覚ます事はなかった。

新しいバスローブを着せて、いったんリビングのソファに夕鈴を寝かせる。
とてもではないが、今のベッドで休ませる事は出来ない。

ソファの傍に膝立ちで座り、夕鈴の顔を覗き込む。

チョコの中に入っていたブランデーがかなり効いたのか、彼女は頬を赤くさせ、少し苦しそうな呼吸をしていた。
そっと頬を撫でると、冷たい感触が気持ち良かったのか、夕鈴は少しだけ微笑んだ。

夕鈴をそこに残し、黎翔は惨状と化している寝室のベッドに戻る。
汚れたシーツを引き剥がしポイッとゴミ箱に放ると、新しいものを取り出してベッドメイキングをする。
窓を少し開けて、部屋を換気することも忘れない。

リビングの彼女のもとに戻った黎翔の目に、ソファの傍に置かれた紙袋が写る。
袋から覗くのは、綺麗なラッピングが施された高級そうな包み達。

「――ごめんね、夕鈴。」

困ったように苦笑いしながら、黎翔は紙袋を床の上に倒す。
沢山入っていて重いはずなのに、それは簡単に倒れて箱がいくつか飛び出した。

「…ズルい事して、本当にごめん。」

――そう、この包みはすべてカラなのだ。

確かに夕鈴が想像した通り、これはファンからのバレンタインチョコ。
ただし中身は全て事務所で分けて、夕鈴がいる黎翔は一つももらっていない。

嫉妬してほしくて、そうしたら普段は見せてくれない彼女の姿を見れるかもと思い、ちょっとした悪戯心でこんな子供じみた真似をした。

彼女に寝室に誘われた時には、初心な彼女にどれほどの事が出来るのだろうと、ワクワクしていたのだが。

男を誘惑するような彼女の言葉に、つい箍が外れてしまった。

「…確かに僕も悪かったけど、夕鈴もいけないんだよ?」

未だ目を覚まさない夕鈴の唇に、そっと口付ける。

「君が可愛く僕を誘うから、止まらなくなっちゃった…。」

聞こえるはずもないのに、非は君にもあると黎翔は言い訳をする。


「――また僕を誘ってね?…僕はいつでも、大歓迎だよ♥」

夕鈴を抱き上げてベッドに運びながら、黎翔はうっとりと彼女の耳元で囁いた。



夕鈴サイドに続きます。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title 

こんjんばんわ~^ー^

pppo(^o^)o

黎翔さん
いい大人が子供じみた言い訳をしてはいけませんよ♪(笑)
煽ったのは夕鈴ですが。

二人にとっては良い(?)バレンタインになったのでは?
夕鈴、黎翔さんとお風呂も一緒に入っちゃってますよ♪

これ知ったら・・・・気絶でしょうね・・・。お気の毒。

黎翔さんの後始末兼悪知恵?には感服いたします!(苦笑)

夕鈴サイドもあるのですね!
楽しみです♥
待っています(*゚▽゚*)
  • posted by ぷーちゃん 
  • URL 
  • 2013.02/23 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 


こんばんわぁ~~
  
黎翔さん
夕鈴ちゃんに、嫉妬してほしくてワザとだなんてぇ~~

そして
まんまと、バレンタインもらっちゃて♪\\\

懺悔しても
無駄ですよぉ~~

黎翔さんと夕鈴ちゃん
素敵な夜をごちそう様です☆

でわでわ☆
  • posted by 鈴♪ 
  • URL 
  • 2013.02/23 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

ぷーちゃん様

コメントありがとうございます!

黎翔さん、本当に子供みたいな言い訳をしてます。
夕鈴に対しては、彼はホント子犬ですよね。

彼の悪知恵に騙されて、夕鈴酷い目に遭っちゃいました。
お風呂でもし意識が戻っていたら、すぐに気絶していた事でしょう。

夕鈴にとってはちょっと大変なバレンタインだったと思います。(ちょっと…?)
黎翔はとても幸せな日だった事でしょう♪

夕鈴サイドもアップしてますので、そちらもどうぞ。
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.02/26 17:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

鈴♪様

コメントありがとうございます!

夕鈴に嫉妬してもらいたかった黎翔さん。
悪知恵を働かせ、子供のような事をしちゃいました。
まんまと引っかかった夕鈴、ご愁傷様としか言いようがないですね。

黎翔にとってはチョコも夕鈴も頂いちゃって、素晴らしいバレンタインになったと思います(^^♪
  • posted by 高月慧ネン 
  • URL 
  • 2013.02/26 17:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

プロフィール

高月慧ネン

Author:高月慧ネン
『兎と狼のラビリンス』へようこそ。
黎翔と夕鈴が大好きな管理人・慧ネンが、溢れる妄想を書き殴るために作ったブログです。
原作沿いや現代パラレル、色々ありますので、お好きなお話をお読み下さい。
よろしくお願いします。

†いらっしゃいませ†

キリの良い数字を踏まれた方は、ご連絡下さい♪

ご訪問中のお客様

現在の閲覧者数:

にほんブログ村ブログパーツ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。